2010年02月13日

食文化

再び世界の食文化ーイタリア(農文協)からの抜粋

「作り手の体現する大きな母性が、成型された練り粉に入り込み、食する人々を一つの輪につなぎとめる」(引用)パスタの社会的な底力。「パスタとは、単純そうでいて、なかなか手のかかった洗練された料理である。」

「食べると言う行為が、物質とその栄養分だけでなく、記憶や関係をも食べ、どうかすると言う行為であると言うのが正しいなら、この成型作業は、その宇宙・自然・人間の関係を調整する想像力の営為でもあろう」そして「マンマのファンタジーア」。

「寛容で、親しみ深く、争いを避ける国民性」は、マンミズモ、即ちイタリア的母性的な社会に根ざす「パスタ感覚」によるところが大きい。反イタリア運動などは聞いたことがない、模倣したいと憧れこそあれ。食文化を、このように時間軸と空間軸で分析しながら、幻想のイタリア料理の中に底流を見出す試みは興味深いものがあった。


posted by Sono_Hiro at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。